自動運転基準化研究所について

自動運転技術の開発・実用化を促進するとともに、国内自動車メーカーや部品メーカーが自動運転分野において国際競争力を確保するためには、2016年3月にとりまとめた自動走行ビジネス検討会(国交省・経産省共催)」の報告を踏まえて、官民一体となった国際基準化等の議論を主導する組織として、2016年5月に自動運転基準化研究所(事務局:JASIC)として活動を開始しています。本ページでは同研究所の活動についてご紹介します。

 

<自動運転基準化研究所の概要>

1.役割

 自動運転に関する国際基準策定の全体戦略を策定するとともに、以下の活動を統括。
  (1)国連自動車基準調和世界フォーラム(WP29)の議論への対処方針の検討
  (2)(1)に対応するための基礎調査・研究
  (3)主要国政府、メーカー、研究機関との連携、働きかけ
  (4)標準化活動との連携(経済産業省/ISO・JIS)
  (5)国内外の自動運転を巡る状況に関するシンポジウムの開催

2.メンバー

 国土交通省、経済産業省、(独)自動車技術総合機構、(一社)日本自動車工業会、(一社)日本自動車部品工業会、(公社)自動車技術会【標準化関係代表】、(一財)日本自動車研究所、自動車基準認証国際化研究センター(JASIC)、その他自動運転・基準の関係機関

関連資料
自動運転基準化研究所紹介資料(2018年4月版)

 

「自動運転の国際的なルール作りについてのシンポジウム」
(開催日2017年2月24日(金))

プレゼンテーション資料
PDF
214 KB
自動運転基準化研究所の概要について
自動運転基準化研究所 所長 河合 英直
246 KB
Automated Driving - UNECE International Harmonization
Bernie Frost, Chairman of UNECE/WP29/GRRF
314 KB
The Road to Self-Driving Cars
Chan D. Lieu, Venable LLP
3,365 KB
日本における自動運転に関する取組について
国土交通省自動車局技術政策課 国際業務室長 久保田 秀暢
1,434 KB
国際標準化に対する日本の活動
経済産業省産業技術環境局国際標準課統括基準認証推進官 中野 裕二
1,587 KB
自動運転の国際基準化及び標準化への自動車業界の活動
一般社団法人日本自動車工業会 自動運転検討会主査 横山 利夫
1,881 KB